Route Books
アメ横の反対側、東上野の一角にあるROUTE BOOKSは、工務店であるゆくい堂が運営する本屋さんだ。
レンタルズから自転車で10~15分ほど、ROUTE BOOKSが入るのは元々廃工場だったというビルの中。静かな路地の中に現れる二つの向かい合ったビルは辺りに不思議な景色を生んでいる。

僕は一目見て、「新しい街だ!」と感じた。
本屋さんなのに街、だなんておかしく思うかもしれないけれど、この一角にはROUTE BOOKSを中心に人が集まり共有できるモノやスペースがたくさんある。
これは全て、ゆくい堂が運営するROUTE COMMONという場所なのだけれど、その話はまた別の機会に、、、

ROUTE BOOKSの本のセレクトは暮らしを豊かにしたり、今まで知らなかった価値観を広めてくれるような本ばかり。
そしてその本が、店内に置かれた什器やグリーンと絶妙なマッチングを果たしているのが本当に面白い。
「ゆくい堂が提案するライフスタイルを感じてほしい」と代表の丸野さん。
その言葉通り、店内ではアライズコーヒーの豆を丁寧にハンドドリップしてくれたり、自然光がさんさんと降り注ぐソファー席があったり。
英会話教室やギター教室なども開催してしまうのだ!
本屋さんだけど不思議と住みたくなるし、居心地の良さからつい何度も足を運んでしまう。
もっと言うと、現代のローカルコミュニティの一つの完成形はROUTE BOOKSなんじゃないかなーと、僕は思うのだ。

人間の生活ってなんだろう?楽しい生き方ってなんだろう?そんな事を考えながら手に取る本はもしかしたら人生を変えるかも?!(橋原)

Official Site