亀の子束子
谷中のへび道沿いに亀の子束子のショールームがあります。日本に住む人なら多くの人が手にしたことのあるこの商品は、1907年北区滝野川で生まれました。創業者の奥様が売れなかった棕櫚で作った足ふきマットの一部を曲げて窓を拭いていたのがきっかけだそうです。100年以上たった今でも一つ一つ手作りで作られ、海外でもその使い勝手にファンが多いとのこと。谷中のショールームでは亀の子束子はもちろんのこと、亀の子スポンジ(これがすごい!)や、他では中々お目にかかれないオリジナルTシャツやトートバッグも手に入れることができます。入口にかかる杉玉ならぬ大きな束子が目印です。(かない)

Official Site