ビアパブイシイ
「石井さん!今日はどんな樽が入っているの?!」常連さんの声が店内に響く。
よみせ通り沿いにあるビアパブイシイは谷中のローカル達にとって無くてはならない場所だ。
細長いバーカウンターは、一杯だけ!と入ってきたお客さんをその居心地の良さで1時間、2時間と引き止めてしまう。
石井さんはダンディな笑顔を浮かべながらどんな話も聞いてくれるから、そうなってしまうのも当然だ。
(石井さんはカメラや自転車などにも造詣が深い)

4つのタップのうち、3つは日替わり。
国産のIPA(インディアンペールエール)を始め、クランベリービールなど珍しいラインナップがメニューに並ぶのだけれど、そのどれもがビールの美味しさを改めて感じさせるものだ。
メニュー上には、次に繋がれるビールの記載もあり、それが美味しそうだと今繋がっている樽を空けようとみんな必死にビールを飲むというから面白い。
おつまみには3種類の魚から選べるフィッシュ&チップスや、石井さん特製のタルトなどもある。う~ん最高だ。

パブという文化が見事にこの谷中で咲き誇り、一人で来ても、友達と来ても、夕暮れ時に光る黄金の看板はいつでも僕たちのことを優しく迎えてくれる。
自転車に乗った後、今日あった出来事をビアパブイシイで楽しく話せたら文句なし!(橋原)

Official Site